「ひりつく夜の音」小野寺史宜著

公開日: 更新日:

 クラリネット奏者の下田は、所属していたバンドの解散後、音楽教室の講師をしながら、ほそぼそと暮らしていた。46歳の今、かつてのような音楽への情熱を見失い、自分でもこの先の見通しが立たない。

 そんなある夜、警察から電話を受けた下田は、駅で喧嘩した音矢の身元引受人を依頼され、迎えに行く。初めて会う音矢は、二十数年前に別れた恋人の留美の息子だった。聞くと、12年前に亡くなった留美から、どうしても困ったことがあったら頼るよう下田の名前を教えられていたという。下田は留美が亡くなったことも知らなかった。下田は、再びトラブルを起こした音矢を自宅に連れて帰る。音矢はギタリストだった。

 人生に行き詰まっていた中年ミュージシャンを主人公に描くジャズ小説。

 (新潮社 550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る

人気キーワード