「偶然屋」七尾与史著

公開日: 更新日:

 司法試験に挫折、就職活動も難航中の里美は、電柱に貼られた求人広告に応募。面接に指定された場所は錦糸町のパチンコ屋だった。

 しかし、面接官は現れない。手持ち無沙汰で打った台が大当たりして、気を取り直して店を出た里美は、女店員に声を掛けられる。彼女は里美の頭のひまわりのバンドを見て人違いをしたという。

 バンドは応募した会社が目印にと送ってきたものだった。聞くと、彼女は隣人の騒音に悩まされているが、相手は引きこもりで管理会社に訴えてもラチが明かないという。引っ越しのあいさつのとき、里美と同じバンドをしていたので間違えたらしい。里美は彼女の部屋に向かい、一緒に解決策を練る。

 息もつかせぬ展開と巧妙な仕掛けで徹夜必至の長編ミステリー。 (小学館 710円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る