「アンフォゲッタブル」松宮宏著

公開日: 更新日:

 元潜水艦の技術者・書太郎は、毎朝、自宅前の幼稚園に通う園児の父兄とトラブルが絶えない。ある朝、刑事が訪ねてきた。刑事は幼稚園が買収した隣地の取引に裏社会が関わっているのではないかと疑っていた。何も知らない書太郎だが、ネットに拡散した書太郎の写真の背後に元ヤクザが写っていたという。生活のため保険外交員として働くジャズミュージシャンの栞が書太郎の家を訪ねると、大音量でマイルスの「ビッチェズ・ブリュー」が聞こえてくる。妻の雛子によると書太郎が気分直しに聴く曲だという。

 一方、デモつぶしのアルバイトに出かけた元ヤクザの安史は、育成バンドでサックスを吹く女子高生の結花と知り合い、練習を見学に行く。

 ジャズの街・神戸を舞台にした長編小説。

(徳間書店 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る