「アンフォゲッタブル」松宮宏著

公開日: 更新日:

 元潜水艦の技術者・書太郎は、毎朝、自宅前の幼稚園に通う園児の父兄とトラブルが絶えない。ある朝、刑事が訪ねてきた。刑事は幼稚園が買収した隣地の取引に裏社会が関わっているのではないかと疑っていた。何も知らない書太郎だが、ネットに拡散した書太郎の写真の背後に元ヤクザが写っていたという。生活のため保険外交員として働くジャズミュージシャンの栞が書太郎の家を訪ねると、大音量でマイルスの「ビッチェズ・ブリュー」が聞こえてくる。妻の雛子によると書太郎が気分直しに聴く曲だという。

 一方、デモつぶしのアルバイトに出かけた元ヤクザの安史は、育成バンドでサックスを吹く女子高生の結花と知り合い、練習を見学に行く。

 ジャズの街・神戸を舞台にした長編小説。

(徳間書店 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る