「惜櫟荘の四季」佐伯泰英著

公開日: 更新日:

 岩波書店創業者の岩波茂雄が建築家の吉田五十八に依頼して建てた熱海の別荘・惜櫟荘。著者はこの由緒ある建物を2008年に譲り受け、番人と名乗り住まいとする。「簡素にして清華」なこの現代数寄屋を後世へと残すべく、資金と歳月をかけて取り掛かった改修工事のあれこれ。他にも、東山旧岸邸など五十八の設計した建物巡りや、今は亡き愛犬ビダを飼うことになった経緯と「みかん」と名付けた新たな飼い犬について。

 詩人の田村隆一氏に聞いたコモリン岬から見る夕日を体験するために出掛けたインドなど世界各地への旅、そして代表作「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ誕生のきっかけとなった編集者との思い出など。

 日常の点景をつづる、人気時代小説家による随想集。

(岩波書店 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  10. 10

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る