「惜櫟荘の四季」佐伯泰英著

公開日: 更新日:

 岩波書店創業者の岩波茂雄が建築家の吉田五十八に依頼して建てた熱海の別荘・惜櫟荘。著者はこの由緒ある建物を2008年に譲り受け、番人と名乗り住まいとする。「簡素にして清華」なこの現代数寄屋を後世へと残すべく、資金と歳月をかけて取り掛かった改修工事のあれこれ。他にも、東山旧岸邸など五十八の設計した建物巡りや、今は亡き愛犬ビダを飼うことになった経緯と「みかん」と名付けた新たな飼い犬について。

 詩人の田村隆一氏に聞いたコモリン岬から見る夕日を体験するために出掛けたインドなど世界各地への旅、そして代表作「居眠り磐音江戸双紙」シリーズ誕生のきっかけとなった編集者との思い出など。

 日常の点景をつづる、人気時代小説家による随想集。

(岩波書店 920円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

もっと見る

人気キーワード