「2050年のメディア」下山進著/文藝春秋/1800円+税

公開日: 更新日:

 ウェブメディアに従事する自分にとってはとにかく面白い本だった。戦国時代好きや三国志好きな人にとっても面白く感じられるかもしれない。とはいっても「2050年のメディア」というタイトルだけで「この本には30年後のメディア業界の完全予測が書かれているのか!」なんて思うと肩透かしをくらう。実際、アマゾンのレビューで「星1つ」をつけた人は「タイトルと中身の乖離がひどい」と評している。

 同書は、慶応SFCの同題の講座がもとになっている。内容としては、インターネットの時代に新聞社をはじめとしたオールドメディアがいかに対応に苦慮したかが描かれ、ヤフーが圧勝する様子がつぶさに示される。海外の事情も適宜紹介されている。

 新聞各社がいかにネットに対処するか、ヤフーがいかに新聞社と付き合ってきたか、などは実名がバシバシと登場する。何しろ2006年からウェブメディアにかかわってきた私自分の歴史とも、完全に並行して展開されてきた大変革の裏事情を知れたのだから自分の仕事を改めて振り返ることができた。

 実際、今のウェブメディア界はヤフーに牛耳られている感覚がある。そのシステムに私も組み込まれているが、当初新聞社はヤフーにあらがおうとしていた。今では完全に金玉を掴まれているような状態だが、これもいつまで続くかは分からない。そういった意味も含めて未来を読者の皆さん予想してみてくださいね、と著者はタイトルに込めたのではないだろうか。

 ネットに対して苦々しく思う新聞社社員の苦悩や、時代の風を読むことができた優秀な新聞記者も次々と登場し、サラリーマンものとしても読める。

 そして、メディアの歴史を知ることができた点も良い。学生時代、地方から出てきた同級生から読売新聞の販売員との恐怖の対決を聞いたことがある。靴を玄関に入れ、ドアが閉まらないようにされたり、「契約するまで帰らねぇからな、オラ」と言われたそうだ。「恐怖の読売新聞販売員」だが、本書には読売の「拡張団」が登場する。

 新潟日報の牙城を崩そうと読売の拡張団が80人の規模で新潟市西区にやってきた部分はエグい。新潟日報の部長が「拡材を使って拡販をするのは違法」と注意をすると、こうなる。

〈拡張団のボス、じろりとこちらを睨み「冗談じゃねえ」と凄む〉

 こうした古き良き(?)時代のメディア人の泥くささも随所に描かれている。

 ★★★(選者・中川純一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 2
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  3. 3
    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

    ヒカルやオリラジ中田敦彦がソッポを向かれ始めた…“上から目線”YouTuberの曲がり角

  4. 4
    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

    新庄日本ハム今季5度目サヨナラ勝利、最多観客も素直に喜べず…清宮故障リタイアの痛恨

  5. 5
    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

    田中聖の“ダメジャニ”人生は史上最悪…捜査逃れ繰り返しファン女性にカネを無心

  1. 6
    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

    大谷翔平104年ぶり偉業の“お値段” 「来季年俸47億円+出来高ガッポリ」の仰天予想!

  2. 7
    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

    島田陽子さん遺体いまだ火葬されず渋谷区が保管…このままでは“行き倒れ”と同扱いの可能性

  3. 8
    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

    ウクライナ兵の士気を高めるためにセクシー写真を! 心理学者の妙案が話題

  4. 9
    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

    吉永小百合「女性タレントCMギャラ1億円超」の圧倒的貫禄 77歳で堂々1位君臨の理由

  5. 10
    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ

    ひろゆき氏の妻がガーシーから“宣戦布告”されるも…ちゃっかり自著宣伝のたくましさ