「告発」ブリタニー・カイザー著 染田屋茂ほか訳

公開日: 更新日:

 2018年、イギリスのコンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)が500万人以上のフェイスブックの個人情報を不正に利用、また16年のアメリカ大統領選挙では、トランプ陣営を支援していたとのニュースが世界に流れた。

 当時26歳で仕事を探していた著者は、友人の紹介でCAの親会社であるSCLグループの人道支援部門に入社し、事業開発担当になった。しかし働くうちに多くの米国民のデータを手に入れ、米国人の投票行動に影響を与えることが業務だと気づく。クッキーを許可する意味、アレクサなど音声起動アシスタントの記録がどう使われているのか、そして、あるメッセージによって有権者のオンライン上の行動がどう変化したかなど、CAの内幕を赤裸々につづる。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る

人気キーワード