「告発」ブリタニー・カイザー著 染田屋茂ほか訳

公開日: 更新日:

 2018年、イギリスのコンサルティング会社ケンブリッジ・アナリティカ(CA)が500万人以上のフェイスブックの個人情報を不正に利用、また16年のアメリカ大統領選挙では、トランプ陣営を支援していたとのニュースが世界に流れた。

 当時26歳で仕事を探していた著者は、友人の紹介でCAの親会社であるSCLグループの人道支援部門に入社し、事業開発担当になった。しかし働くうちに多くの米国民のデータを手に入れ、米国人の投票行動に影響を与えることが業務だと気づく。クッキーを許可する意味、アレクサなど音声起動アシスタントの記録がどう使われているのか、そして、あるメッセージによって有権者のオンライン上の行動がどう変化したかなど、CAの内幕を赤裸々につづる。

(ハーパーコリンズ・ジャパン 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  7. 7

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  8. 8

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  9. 9

    借金はないが…今は資金もなく「静かに暮らす」日々

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る