「2030年の世界地図」落合陽一著

公開日: 更新日:

 10年後の未来はどうなっているのか。本書はこれを、近年、話題の「SDGs」に沿って解説する。

 SDGsとは「サステナブル・ディベロップメント・ゴールズ」(持続可能な開発目標)の略で、「貧困の克服」「飢餓をゼロに」「ジェンダー平等の実現」など、国連サミットで2030年までに実現させようと決議した綱領だ。これに対してグローバリズムを先導し、「新しい空間を求め、木々の枝が伸びてゆくように支配領域を広げる」のが「GAFAM」(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)だ。

 グローバル化した世界はすべてがつながった「フラット」な世界といわれてきたが、実態は格差が極端化し、従来より国境や地政学的な対立が激化している。それをどうするのか。

 著者は、全員を平等の条件から始めるゲームが解決のヒントになるという。

 (SBクリエイティブ1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  3. 3

    小室哲哉カネと女で晩節汚し…推定資産1000億円からの転落

  4. 4

    落合監督の「虫けらノック」で井端、荒木、森野は成長した

  5. 5

    ホリエモンがひろゆきに絶縁宣言 2人の対談連載は終了か?

  6. 6

    小池知事「4都県 2週間延長」巡り3知事を“騙し討ち”の姑息

  7. 7

    久美子氏が「従業員持株会」に宛てた“圧力”メールの中身

  8. 8

    落合監督は首脳陣と選手の食事会場を分け酒の差し入れも

  9. 9

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  10. 10

    総務省に新疑惑!東北新社に「脱法スキーム」指南の可能性

もっと見る

人気キーワード