「炎より熱く」矢口敦子著

公開日: 更新日:

 大学を卒業した真志歩は、内定していた故郷での就職を辞退して、東京にとどまる。しかし、仕事が見つからず、ようやく友人が勤務する病院の契約社員になる。しかし、先輩スタッフのいじめに苦しむ日々。そんなある日、真志歩は旧知の刑事・瀬戸から多真美という入院患者に接触してほしいと頼まれる。多真美は、けがで入退院を繰り返しており、保険金詐欺の疑いがあるらしい。ボランティアを装い彼女の病室を訪ねると、男が部屋から出てきた。小塚と名乗る男は多真美が勤務する雑貨店の店長だった。病院に数日後、多真美の同僚の照留美が救急車で搬送されてくる。

 照留美の不審死事件を縦糸に、義理の叔父に恋する真志歩ら各人の男女の関係を横糸に織りなすヒューマンミステリー。

(集英社 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  9. 9

    徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る