「総中流の始まり」渡邉大輔・相澤真一・森直人編著

公開日: 更新日:

 1970年代には日本社会全体が「総中流」であるかのような感覚があった。

 50年代から研究者たちは「食」と「寝」こそが住宅の核心であるという認識を得て、「食寝分離」を原則として設計。DK、さらにLDKを考案した。2DK、約40平方メートルの間取りが子育て世代向けの住宅として広がっていった。公団の団地にも、リビングルームと子ども部屋を確保したLDKの間取りが採用された。

 そういう団地の住人に、団地の同じ棟の住人と狭く浅い交際をするだけの人間関係が増えていく。そして、同じ方向に向かって進む「群れ」となり、内部の比較と模倣が行われるようになる。

 社会調査に基づき、「団地」と「中流」の誕生を考察する。

(青弓社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  4. 4

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  5. 5

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  6. 6

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る