「カラー版 江戸の家計簿」磯田道史監修

公開日: 更新日:

 江戸時代の経済事情から当時の暮らしをのぞき見る歴史テキスト。

 まずは徳川将軍家から。実際の天領は400万石ほどで、吉宗時代の最大463万石を現在の価格に換算すると、1兆3890億円にもなる。大名の収入も加賀藩前田家は約1230億円と超セレブ。その他、遠山の金さんが3億円超え、50俵3人扶持の武士で約600万円ほどだった。

 一方、町人は大店の奉公人で年収120万円から支配役レベルで300万円、各職人の日当は1万から1万5000円だったという。ゆで卵が1個315円など総じて動物性タンパク質は高価格で、初ガツオに至っては15万円を超える。その他、銭湯95円、長屋の家賃は月4875円など。江戸っ子の財布事情から時代を読み解く。

(宝島社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る