「男色大鑑」井原西鶴著 富士正晴訳

公開日: 更新日:

 江戸時代の男色を題材にした浮世草子の現代訳。近世以前の日本では、男同士の恋は普通に行われていた。西鶴は「男色ほど美しいもてあそびはない」と記し、「大体女の心は例えていえば、花は咲きながら藤づるのねじれているみたいなものだ。若衆は針がありながら、初梅同然で、何ともいえぬいい匂いが深い。この点で、分別すれば、女を捨てて男に傾くべきである」と勧める。

 若衆とは元服前の少年のことで、当時の男色カップルは、基本的に若衆と念者(元服後の成人男性)の関係で成立する。つまり美少年とおじさんの組み合わせが王道であった。その念者と若衆の他、若衆同士のカップルや、容色の衰えた歌舞伎若衆の悲劇、珍しく添い遂げたカップルなど、さまざまな男たちの恋物語を描く。

(KADOKAWA 960円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る