「東京、はじまる」門井慶喜著

公開日: 更新日:

 主人公は、イギリスでの3年間の留学を経て帰国したばかりの辰野金吾。工部大学校造家学教授であるジョサイア・コンドルに選出されて留学を果たした金吾だったが、1883(明治16)年に帰国したばかりの彼の目に映った東京の町は、列強諸国と比べて貧弱すぎた。金吾は、個々の建物ではなく東京の街並みそのものを建築したいという野望を抱く。まずは日本人自身による街づくりを目指し、工部省営繕局の役人として建築技術者すべてを統括する立場に立つと同時に、母校の教授に就任した。やがて日本銀行本店本館や東京駅の駅舎の設計など、次々と東京の風景をつくり変えていくのだが……。

 明治の世に辰野式と呼ばれる建築様式を確立した建築家の生涯を描いた物語。東京を力強い首都として機能させるために、日本中から優秀な人材を密に集める整理だんすのような都市にしようと意図した男の挑戦の軌跡が読みどころ。突如として密を避けることが叫ばれている2020年の今刊行されたことや、金吾がスペイン風邪で亡くなっていることなどを考え合わせると、都市の一時代の総括のようにも読めて、その巡り合わせに驚かされる。

(文藝春秋 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

人気キーワード