「考えるナメクジ」松尾亮太著

公開日: 更新日:

 ナメクジは呼吸孔と肛門が共用で、呼吸とウンチを同じ穴から出すが、ちゃんと脳を持っている。脳は頭部の触角の下にあり、その中心を食道が通過しているので、口から入った食べものが脳の中心を通過することになる。

 だが、ハエなどが記憶を形成するのに複数回学習することが必要なのに比べ、ナメクジは1回の学習だけで非常に長期の記憶を形成する、すごい「脳力」を持っている。

 例えば、「まずかったもののにおい」を最長で2カ月くらい記憶している。においの情報は触角から前脳葉に伝えられるが、ナメクジはおいしい食べ物に出合ったら、次からはそのにおいのする場所により速く近づくという学習能力を持つ。

 着任した研究室がナメクジの脳研究をしていたことからナメクジの脳のとりこになった研究者が書いたナメクジの本。

(さくら舎 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る