「ショートショートの宝箱Ⅳ」光文社文庫編集部編

公開日: 更新日:

「僕」は、わらにもすがる思いで知人に紹介された香水店を訪ね、迎えてくれた調香師の葉山に、父の匂いをつくって欲しいと依頼する。

 なぜか僕の頭から1カ月前に死んだ父親の記憶だけが消えてしまったのだ。SNSの書き込みを見ると、死ぬまでは普通に父を父として認識していたようだが、今は何も思い出せない。唯一、告別式のときに撮影された棺に入った父の写真を見ると、かすかな匂いが立ち上がってくる。その父の匂いを再現して嗅げば何かを思い出せそうな気がする。葉山によると僕が写真を見て感じる匂いは「幻臭=まどかぐわ」だという。(ピーター・モリソン著「まどかぐわ」)

 独創的な設定や鮮やかな結末など、奇想に満ちた掌編30作を収録。

(光文社 640円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る