「怖い患者」久坂部羊著

公開日: 更新日:

 区役所で働く愛子は、職場のトイレで自分に対する陰口を聞いてしまって以来、恐ろしいほど嫌な気分に襲われ、冷や汗や震えを伴う発作が起こるようになった。心療内科でもらった診断名は「パニック障害」。自分の発作はパニック障害のように生やさしいものでなく、この世の終わりかと思うような絶望感を伴うものだと説明したが、わかってもらえず次々と病院を替えて受診する羽目に。なかなか納得のいく診療をしてくれる医師が見つからなかったが、あるとき親身になってくれる小川医師に出会う。おかげで症状は改善し仕事にも復帰できそうかと思った直後、先生の言動に不安を感じてその私生活を綿密に調べ始める……。(「天罰あげる」)

 現役の医師として、医療に関する現代的な問題を取り上げた作品で人気のある著者の最新短編集。本作には、冤罪をでっち上げて医師を廃業に追い込む患者、他人の不幸に快感を覚える医師、疑心暗鬼に陥る妊婦、復讐を果たすデイサービスの老人たちなどを主人公にした、医療の現場で起こり得るぞっとさせられる話を描いた5編を収録。リアリティーがあり過ぎて背筋が凍る。

(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

    飯野矢住代誕生秘話<12>同棲から妊娠…ジャニーズ事務所は解雇、ホステス業は産休に

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  4. 4
    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

    ブレークスルー感染で死亡…米国女性の遺族が「ワクチン拒否の人々のせい」と批判

  5. 5
    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

    コロナ“隠れ陽性者”は東京都発表の3倍超!モニタリング検査抑制の罪とリバウンドの火種【独自試算】

もっと見る

  1. 6
    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

    巨人・丸の深刻不振はコロナ後遺症か…フィジカルトレーナーが指摘する「感覚受容器への影響」とは

  2. 7
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  3. 8
    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

    阪神のプロアマ規定違反チョンボに他球団ニンマリ 天理・達孝太をドラフト指名する球団はどこ?

  4. 9
    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 10
    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

    屈指の“立ちんぼ”エリア大久保で週3回も…27歳女性教師の売春2度逮捕に都教育委「前代未聞」と仰天

人気キーワード