「大阪が日本を救う」石川智久著

公開日: 更新日:

 2025年開催の大阪・関西万博は、五輪よりもはるかに多い約2800万人の来場が見込まれ、その経済効果は建設を除いても約1・5兆円。大阪が有力視されるIRも万博と同時期の開業を目指し、こちらも1兆円近い投資が見込まれている。大阪・関西は、長らく低下傾向にあり、厳しい時代が続いていたが、万博やその他の再開発計画が目白押しの今、新しい時代に突入しようとしているという。

 そんな大阪・関西の現状と、同地域が秘めるポテンシャル、そしてそれが日本に与えるインパクトを解説するビジネステキスト。

 大阪の持つ多くの魅力や、西成地区で進む地道な改革、「グレーターミナミ」と名付けた府南部の整備計画、最先端の医療分野など、変わりゆく大阪・関西の今を伝える。

(日経BPマーケティング 850円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  2. 2

    安倍「桜疑獄」地元・山口で大炎上 “子分”下関市長は恐々

  3. 3

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  4. 4

    原英莉花にも“甘い蜜”が…プラチナ世代をスポイルするTV局

  5. 5

    テレ朝「七人の秘書」“闇の仕置き人”の最終決戦が見ものだ

  6. 6

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  7. 7

    伊藤健太郎ひき逃げ事件の余波…“空席”を埋める3人の俳優

  8. 8

    伊藤健太郎以外も…呪われた「とんかつDJアゲ太郎」の後味

  9. 9

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  10. 10

    地域振興とは名ばかり…「地域共通クーポン」の散々な評判

もっと見る

人気キーワード