「あなたの体は9割が細菌」アランナ・コリン著 矢野真千子訳

公開日: 更新日:

 私たちの体の細胞1個につき、そこに乗っかっているヒッチハイカーの細胞が9個もあるという。つまり体のうち、ヒトの部分は10%しかないそうだ。2003年に完了したヒトゲノム・プロジェクトで、ヒトの遺伝子は線虫と同じ2万1000個しかないことが判明。ヒトはなぜ、そんなに少ない遺伝子で複雑な生命活動ができるのか。

 実は体内にすむ膨大な微生物に活動の多くを「アウトソーシング」しているからだという。ヒトは微生物一式を母親から受け取り、共に成長する。

 しかし近年、ヒトと微生物の関係に変化が生じている。20世紀後半から先進国で急増する肥満や過敏性腸症候群、アレルギー、自己免疫疾患、そして、心の病と人体内に存在する微生物との関係を解き明かした、目からウロコ本。

(河出書房新社 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  9. 9

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る

人気キーワード