「時効の果て」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 週刊誌が31年前のバラバラ殺人事件を特集。記事は犯人と極めて近い人物の証言で構成されていた。不審を抱いた警視庁追跡捜査係の西川は、すぐに過去の資料と記事の内容を照合する。未解決事件の再捜査を担当する同係には、過去の凶悪事件に関するすべての資料が保管されているのだ。

 遺体遺棄の状況など、記事には確かに犯人しか知らない情報が記されていた。しかし、時効が成立しているため警察は動くことができない。南大田署の刑事・岩倉も同誌の記事に注目していた。31年前のその事件は、岩倉が警察官を目指すきっかけとなった事件でもあった。岩倉は、雑誌に情報を提供した人物を割り出し、監視を始める。

 2つの人気シリーズの登場人物が競演するデビュー20周年記念書き下ろし。

(角川春樹事務所 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る

人気キーワード