「小麦の法廷」木内一裕著

公開日: 更新日:

 主人公は、司法修習を終えたばかりのフリーの新米弁護士・杉浦小麦。弁護士事務所に所属していない小麦は、自力で仕事を開拓するほかなく、相続がらみの人探しの仕事をするしかない状況になっていた。

 そんなある日、ある傷害事件の国選弁護人の仕事が舞い込んでくる。目撃者の証言もある上に被告人はすでに罪を認めているとあって、初めて扱う刑事事件にぴったりの比較的簡単な仕事だと思って引き受けた小麦だったが、その被告人が同日に別の場所で起きた殺人事件にかかわっている疑いがあることがわかってくる。アリバイづくりのためになされた偽装事件を弁護しているのではないかという疑いが膨らむなか、小麦は難しい判断を迫られることになるのだが……。

 2013年に原作が映画化された「藁の楯」で小説家デビューして以来、根強いファンを持つ著者の最新作。レスリング競技の元オリンピック候補者という経歴から一転弁護士になったばかりの主人公が、司法の穴をついて悪事をごまかそうと企む一派にどう挑むかが読みどころ。最悪の事態を切り抜ける女性弁護士の奮闘ぶりが頼もしい。

(講談社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  6. 6

    国内で初「健康な20代男性」無念のコロナ死…入院できず

  7. 7

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  8. 8

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  9. 9

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る

人気キーワード