「インタビューズ」堂場瞬一著

公開日: 更新日:

 新潟で事件記者をやっていた「俺」は、大学の同期で出版社に就職した本橋に「視野が狭い」と言われ、発奮してある企画を思いつく。それは毎年1回、大晦日に渋谷のスクランブル交差点で取材して、その1年で一番印象的だった事件や出来事を聞くというもの。平成最初の大晦日から始めたその取材は、2019年末で締めくくられ、ついに100人に及ぶインタビュー集となって完成したのだった……。

 警察小説やスポーツ小説で人気の著者による、インタビュー形式のノンフィクション。小説家である著者がフィクションに挑戦したのかと思いきや、インタビューの形をとって書かれた作品だということが最後に明かされている。ベルリンの壁崩壊、イカ天、就職氷河期、ウィンドウズ95、冬ソナ、マンション耐震偽装問題等々、平成の時代に起きたさまざまなことが人々の口から語られることで、時の流れの中に埋もれていつのまにか記憶の隅に追いやられてしまった事象が掘り起こされていく。

 平成とはいったい何だったのか。さまざまな人の証言をもとに、平成の時代の空気がリアルに伝わってくる。

(河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る