「本当は危ない国産食品」奥野修司著

公開日: 更新日:

 安全と思われている国産食品の残留農薬の危険性を警告するリポート。

 例えば毎日のように飲む緑茶。国内で販売されている茶葉やペットボトルの緑茶を調べてみると、そのすべてから最新のネオニコチノイド系農薬(ネオニコ)が検出されたという。日本で茶葉栽培に認可されている農薬は他にも約200種類あり、どの農薬を使っているかは農家にしか分からないのだとか。検出された濃度は残留基準値の数%で過度に心配する必要はないというが、日本の基準値はEUに比べると2500倍も高く、同じ製品はEU内では販売できないのだ。

 世界的にゆるい日本の農薬規制の実態、そして農薬残留食品の摂取と急増する発達障害や肥満、アレルギーなどの病気の因果関係を最新のデータで明らかにする。

(新潮社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  5. 5

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  10. 10

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

もっと見る

人気キーワード