奥野修司(ノンフィクション作家)

公開日: 更新日:

1月×日 最近、若い人たちに会うと違和感を覚えることがよくある。例えば、打ち合わせの席でテーブルに置いたスマホをチラチラ見るのもそうだ。会話は成り立つのに、心ここにあらずで、落ち着かない。それがアンデシュ・ハンセン著「スマホ脳」(新潮社 980円+税)を読んで納得できた。

 人間はドーパミンという報酬系のホルモンが出ると達成感や満足感を得るが、スマホを手にするだけでドーパミンが放出されるという。麻薬で中毒になるのと同じで、持っているだけでも依存症になってしまう。もちろん集中力が阻害されるから、側に置くだけで学習能力が落ちる。

 このスマホのメカニズムを巧みに利用したのがFacebookやInstagramなどで、そのアルゴリズムは、脳の依存性をハッキングするように作られたのだという。SNSの着信音が鳴るだけで手が出るのもそうだ。

 それに気づいたアップル社の創業者スティーブ・ジョブズは、我が子にiPadを触らせなかったというから、かなり怖い話である。

 文部科学省は学校へスマホの持ち込みを容認したり、タブレット導入を進めたりしているが、日本の教育レベルを、さらに低下させることに気づいているのだろうか。

1月×日 Netflixの「未解決ミステリー」の取材を受けたのがきっかけで登録したのだが、普段からそんなに映画を見る訳ではないから、多すぎてどれを選べばいいかわからない。そんなときに読んだのが森田健司著「孤独のキネマ 厳選108本+α」(松柏社 1600円+税)。

 これが実に便利で面白い。例えば敗戦の9年後に公開された「七人の侍」を、〈当時の観客は「あの戦争で勘兵衛みたいな指導者がいてくれたら」と思っただろう〉などと、歴史に重ねた解説を読むと、既に観た映画でももう一度見たいと思ってしまう。視点が変わるだけで映画の評価も変わるのだから、不思議な映画評論である。おかげでレンタルショップに行くのも楽しみになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード