「家族と自分を守る『安心な食品』の選び方」安部司著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響による“巣ごもり生活”で、調理の手間が省けるカップ麺やレトルトなどのインスタント食品を口にする機会が増えたという人も多いのではないか。しかし、これらの簡単・便利な食品には生活習慣病の元凶となる塩分や糖分、油分などがたっぷりと潜んでいる。

 コロナ対策で外出を自粛していても、食事で健康を害しては意味がない。本書では、不健康な食事を避けるために知っておきたい、食品の裏側を一挙公開。分かりにくい食品表示の読み解き方なども解説している。

 塩分や糖分と比べて、食べてみてもどれだけ入っているのか気づきにくいのがトランス脂肪酸だ。インスタント食品やスナック菓子、パンにドーナツにクッキーなどさまざまな食品に含まれており、心臓疾患や前立腺がん、アルツハイマー型認知症との関係も指摘されている。

 パッケージの原材料名を確認して避ければよいと思うかもしれないが、表示がまちまちで分かりにくいのが難点だ。原材料名に、食用精製加工油脂、植物油脂、ショートニング、マーガリン、ファットスプレッドなどの記載があれば、トランス脂肪酸が含まれていると疑った方がいい。

 また本書では、見落とされがちな香料についても警鐘を鳴らしている。2018年、アメリカでは動物実験でがんを引き起こすデータが示されたとして、合成香料6種に使用禁止措置を取っている。ところが日本では、このうちの5種がいまだに厚生労働省のお墨付きで使われ続けているという。

 巻末では伝統調味料を使った添加物なしのタレのレシピなども紹介。コロナとの共存時代、健康の基本である食をもう一度見直したい。

(祥伝社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る

人気キーワード