「家族と自分を守る『安心な食品』の選び方」安部司著

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの影響による“巣ごもり生活”で、調理の手間が省けるカップ麺やレトルトなどのインスタント食品を口にする機会が増えたという人も多いのではないか。しかし、これらの簡単・便利な食品には生活習慣病の元凶となる塩分や糖分、油分などがたっぷりと潜んでいる。

 コロナ対策で外出を自粛していても、食事で健康を害しては意味がない。本書では、不健康な食事を避けるために知っておきたい、食品の裏側を一挙公開。分かりにくい食品表示の読み解き方なども解説している。

 塩分や糖分と比べて、食べてみてもどれだけ入っているのか気づきにくいのがトランス脂肪酸だ。インスタント食品やスナック菓子、パンにドーナツにクッキーなどさまざまな食品に含まれており、心臓疾患や前立腺がん、アルツハイマー型認知症との関係も指摘されている。

 パッケージの原材料名を確認して避ければよいと思うかもしれないが、表示がまちまちで分かりにくいのが難点だ。原材料名に、食用精製加工油脂、植物油脂、ショートニング、マーガリン、ファットスプレッドなどの記載があれば、トランス脂肪酸が含まれていると疑った方がいい。

 また本書では、見落とされがちな香料についても警鐘を鳴らしている。2018年、アメリカでは動物実験でがんを引き起こすデータが示されたとして、合成香料6種に使用禁止措置を取っている。ところが日本では、このうちの5種がいまだに厚生労働省のお墨付きで使われ続けているという。

 巻末では伝統調味料を使った添加物なしのタレのレシピなども紹介。コロナとの共存時代、健康の基本である食をもう一度見直したい。

(祥伝社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

人気キーワード