「アメリカの警察」冷泉彰彦著

公開日: 更新日:

 アメリカの警察は、アメリカという「国のかたち」そのものだと著者は言う。日本には警察庁が統括する1つの警察組織しかない。

 しかし、アメリカでは各市町村に独立した自治体警察があり、他にも郡警察や州警察などがある。それぞれがバラバラに存在しており、州警察が自治体警察を束ねているというわけではない。他に連邦レベルのFBIやDEA(麻薬取締局)などの組織もあり、大小1万8000もの警察組織が独立して存在し、その全体が混沌(こんとん)としながら秩序をつくっている。

 昨年5月の白人警官による黒人市民殺害を機に、アメリカでは警察への批判が続いている。複雑で多様な同国の警察組織を解説しながら、こうした事件が起きてしまうその構造的問題にも目を向ける現地在住ジャーナリストからのリポート。

(ワニブックス 913円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード