「ウッドロー・ウィルソン」倉山満著

公開日: 更新日:

 偉人として称えられる第28代アメリカ大統領ウィルソンこそが、現在の人類の不幸の9割を一人でつくった極悪人だと指弾する歴史テキスト。

 第1次大戦を通じて世界最大の大国になったアメリカを率いていたのが、1913年に大統領に就任したウィルソンだった。ウィルソンは戦いが長期化する中、「勝利なき平和」を呼びかけ、戦後に理想的な平和をつくろうとしたと評価され、その外交理念は「ウィルソン主義」と呼ばれる。著者は、そうした歴史の通説の一つ一つを徹底的に喝破する。

「私が次期大統領になるのは神が定めたことだ」と公言したウィルソンが、神意政治に走り、世界の秩序を混乱に陥れ、世界中に共産主義が蔓延する元凶になったことを明らかにしていく。

(PHP研究所 970円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る

人気キーワード