「あのSFはどこまで実現できるのか」米持幸寿氏

公開日: 更新日:

「あのSFはどこまで実現できるのか」米持幸寿著

「映画『ターミネーター』では、AIが人間を抹殺するために核戦争を始めますが、もしAIと人間とが戦争を起こすとしたら、2つの条件が必要です。1つ目はAIが政策の全権を掌握していること、2つ目はAIが目の前の出来事だけでなく、広範囲で長期間にわたる大局を処理するようになることです。この2つは現代のAIではなかなか難しい。それに、銃を持った戦士が戦うよりもITハッカーたちがロボットをハッキングするほうが有効なので、映画のようにはならないでしょうね。でも、映画などで描かれてきた個々の技術では、現代にも負けず劣らずの研究がたくさんあるんです」

 本書は、昭和から平成の漫画や映画、テレビドラマの名作に登場し、人々を魅了してきた空想テクノロジーがどこまで実現できるのかを検証した科学読みものだ。

 ロボットとの戦争が訪れないことには一安心だが、「ターミネーター」に登場する液体金属ボディーの暗殺ロボ「T-1000」のようなSFならではの演出に心躍らされた読者も多いだろう。

「動かせる液体金属は中国とオーストラリアの共同研究チームが発表しているんですよ。ガリウムという液体金属を使って電気信号で制御すると、ニュウッと動かせるのです。また作中で、『T-1000』がバラバラに砕けた後に火花で溶けて1つにまとまるシーンがあります。ここで疑問になるのはプロセッサーはどこにあるのかということですが、バラバラになれるほど小さなコンピューターのクラスターだと考えれば実現できます。実はIBMは既に花粉サイズのコンピューターを開発しているんです。関係者に見せてもらったんですが、小さすぎて見えないくらいでした」

 このような超小型コンピューターを液体金属で覆い、東京オリンピックでたくさんのドローンが空を舞って映像を作り出したような技術で協調動作をできるようにすれば、あの「T-1000」が実現できるという。

「実はターミネーターはアップル製品である可能性が高いんです。作中にターミネーターの目から見えている視界が一瞬だけ映るので、そこで止めて文字列をメモしたんですよ。この文字列からは中のコンピューターがどのように動いているのか分かります。1984年の公開当時にこれと同じ処理の仕方をしていたのは、モス・テクノロジー社のMOS6502プロセッサーです。そしてこれを搭載していたのがAppleⅡなんですね」

■「バベルの塔」のスパコンは2億円

 ほかにも、「バビル2世」のバベルの塔のコンピューターのストレージは現代なら2億円で買える、「新造人間キャシャーン」の主人公のように太陽エネルギーで1日活動するには1平方メートル分の太陽エネルギーがあればよいなど、9作品を紹介。

「近年、シンギュラリティー(技術的特異点)という言葉が騒がれています。しかし、徒歩よりも車のほうが楽というのもシンギュラリティーで、分野によってはとっくに機械が人類を超えています。私は『2001年宇宙の旅』に憧れて科学の道に入りました。SFは確実に世界を豊かにしています。テクノロジーを恐れるのではなく、その技術をどう使うのか、ということが新しい文明社会につながるのではないでしょうか」 (集英社インターナショナル 913円)

▽米持幸寿(よねもち・ゆきひさ) システム情報科学博士。1966年生まれ。87年日本アイ・ビー・エム入社。2015年から19年までホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンで研究戦略室長を務め、20年2月にPandrboxを創業。現在は同代表として、音声対話インターフェースの研究・開発に携わっている。

【連載】著者インタビュー

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで