「エロティック日本史」下川耿史著

公開日:  更新日:

 時代を象徴する性のエピソードから、日本人の本質に迫る面白歴史読み物。

 日本で初めてセックスをしたイザナギとイザナミは、「国生み」の際にどのような体位で関係したのか。日本書紀にやり方が分からず困っている時、飛んできたセキレイの交尾を真似したとの記述があり、セックス事始めは後背位だったと著者は説く。

 また古事記によると、夜這いの第1号は大黒様だったという。さらに「常陸風土記」などに描かれる元祖乱交パーティーともいうべき「歌垣」、道鏡を寵愛した孝謙天皇を死に至らしめたヤマイモで作った張り形、近代エロ本第1号の明治時代の「造化機論」まで。古代の神話から連綿と続く性大国日本の歴史を35のH話でたどる。(幻冬舎 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る