• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「エロティック日本史」下川耿史著

 時代を象徴する性のエピソードから、日本人の本質に迫る面白歴史読み物。

 日本で初めてセックスをしたイザナギとイザナミは、「国生み」の際にどのような体位で関係したのか。日本書紀にやり方が分からず困っている時、飛んできたセキレイの交尾を真似したとの記述があり、セックス事始めは後背位だったと著者は説く。

 また古事記によると、夜這いの第1号は大黒様だったという。さらに「常陸風土記」などに描かれる元祖乱交パーティーともいうべき「歌垣」、道鏡を寵愛した孝謙天皇を死に至らしめたヤマイモで作った張り形、近代エロ本第1号の明治時代の「造化機論」まで。古代の神話から連綿と続く性大国日本の歴史を35のH話でたどる。(幻冬舎 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る