「エロティック日本史」下川耿史著

公開日:  更新日:

 時代を象徴する性のエピソードから、日本人の本質に迫る面白歴史読み物。

 日本で初めてセックスをしたイザナギとイザナミは、「国生み」の際にどのような体位で関係したのか。日本書紀にやり方が分からず困っている時、飛んできたセキレイの交尾を真似したとの記述があり、セックス事始めは後背位だったと著者は説く。

 また古事記によると、夜這いの第1号は大黒様だったという。さらに「常陸風土記」などに描かれる元祖乱交パーティーともいうべき「歌垣」、道鏡を寵愛した孝謙天皇を死に至らしめたヤマイモで作った張り形、近代エロ本第1号の明治時代の「造化機論」まで。古代の神話から連綿と続く性大国日本の歴史を35のH話でたどる。(幻冬舎 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る