「睡眠薬中毒」内海聡著

公開日: 更新日:

 氾濫する睡眠薬の危険性を告発するメディカルリポート。

 日本では成人の3割が不眠症状に悩んでいるといわれ、国民の5%が睡眠薬か代わりの抗不安薬を常用している。しかし、睡眠薬に不眠を治す力はなく、脳を強制的に麻酔しているだけだという。

 さらに睡眠薬には依存性があり、服用中止には禁断症状が伴う。飲み続けると認知症になりやすく、早死にのリスクも高くなるなど、何一ついいことがないとか。不眠と頭痛を訴え診察を受けた患者が、処方された睡眠薬を飲み始め、耐性ができて効かなくなるから量が増え、ついに薬物中毒死してしまった例など、患者のエピソードを紹介しながら、睡眠薬の恐ろしさと、睡眠薬依存からの脱出方法を解説する。(PHP研究所 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る

人気キーワード