「睡眠薬中毒」内海聡著

公開日:  更新日:

 氾濫する睡眠薬の危険性を告発するメディカルリポート。

 日本では成人の3割が不眠症状に悩んでいるといわれ、国民の5%が睡眠薬か代わりの抗不安薬を常用している。しかし、睡眠薬に不眠を治す力はなく、脳を強制的に麻酔しているだけだという。

 さらに睡眠薬には依存性があり、服用中止には禁断症状が伴う。飲み続けると認知症になりやすく、早死にのリスクも高くなるなど、何一ついいことがないとか。不眠と頭痛を訴え診察を受けた患者が、処方された睡眠薬を飲み始め、耐性ができて効かなくなるから量が増え、ついに薬物中毒死してしまった例など、患者のエピソードを紹介しながら、睡眠薬の恐ろしさと、睡眠薬依存からの脱出方法を解説する。(PHP研究所 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る