オートバイと衝突事故を起こした大竹まことの復帰

公開日: 更新日:

<1996年8月>

 年明けに起きたフリーアナウンサー、千野志麻(35)の運転中の人身死亡事故。芸能界では同様の事故がこれまでにもいくつかある。

 タレントでラジオパーソナリティーとして活躍中の大竹まこと(63)の場合は、96年8月。オートバイとの衝突事故の当事者となり、運転手が死亡した。

 8日午前2時過ぎ、東京・杉並の環状8号線の交差点を通行中のメルセデス・ベンツに、右側から走ってきた400C.C.のオートバイがごう音とともに衝突。乗っていたフリーターの男性と後部座席の女性(ともに20歳)が衝撃で路上に投げ出された。ベンツの運転者は大竹。すぐに車を止め、救急車を呼び、倒れている2人に駆け寄った。大竹は2人を「頑張れ、頑張れ」と救急車が来るまで励まし続けた。

 男性は病院に運ばれて治療を受けたが、そのかいなく急性硬膜下血腫で死亡。女性も全身打撲と足の骨を折る重傷という最悪の結果になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る