オートバイと衝突事故を起こした大竹まことの復帰

公開日:  更新日:

<1996年8月>

 年明けに起きたフリーアナウンサー、千野志麻(35)の運転中の人身死亡事故。芸能界では同様の事故がこれまでにもいくつかある。

 タレントでラジオパーソナリティーとして活躍中の大竹まこと(63)の場合は、96年8月。オートバイとの衝突事故の当事者となり、運転手が死亡した。

 8日午前2時過ぎ、東京・杉並の環状8号線の交差点を通行中のメルセデス・ベンツに、右側から走ってきた400C.C.のオートバイがごう音とともに衝突。乗っていたフリーターの男性と後部座席の女性(ともに20歳)が衝撃で路上に投げ出された。ベンツの運転者は大竹。すぐに車を止め、救急車を呼び、倒れている2人に駆け寄った。大竹は2人を「頑張れ、頑張れ」と救急車が来るまで励まし続けた。

 男性は病院に運ばれて治療を受けたが、そのかいなく急性硬膜下血腫で死亡。女性も全身打撲と足の骨を折る重傷という最悪の結果になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る