オートバイと衝突事故を起こした大竹まことの復帰

公開日: 更新日:

<1996年8月>

 年明けに起きたフリーアナウンサー、千野志麻(35)の運転中の人身死亡事故。芸能界では同様の事故がこれまでにもいくつかある。

 タレントでラジオパーソナリティーとして活躍中の大竹まこと(63)の場合は、96年8月。オートバイとの衝突事故の当事者となり、運転手が死亡した。

 8日午前2時過ぎ、東京・杉並の環状8号線の交差点を通行中のメルセデス・ベンツに、右側から走ってきた400C.C.のオートバイがごう音とともに衝突。乗っていたフリーターの男性と後部座席の女性(ともに20歳)が衝撃で路上に投げ出された。ベンツの運転者は大竹。すぐに車を止め、救急車を呼び、倒れている2人に駆け寄った。大竹は2人を「頑張れ、頑張れ」と救急車が来るまで励まし続けた。

 男性は病院に運ばれて治療を受けたが、そのかいなく急性硬膜下血腫で死亡。女性も全身打撲と足の骨を折る重傷という最悪の結果になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る