快挙かヤラセかで大騒ぎだった猿岩石騒動

公開日: 更新日:

<1996年11月>

 香港からロンドンまでユーラシア大陸の横断ヒッチハイクを敢行し、一躍人気者になった有吉弘行(当時22)と森脇和成(同22)のお笑いコンビ「猿岩石」。帰国直後の96年11月、ルートの一部で飛行機を使っていたことが発覚、一般紙も報道する騒ぎとなった。快挙か、演出の範囲内か、ヤラセか。放送した日本テレビにも賛否両論が寄せられた。

 4月13日、「進め!電波少年インターナショナル」の生放送に出演中の猿岩石に突然、「ロンドンまで、ヒッチハイクせよ」と指令が下った。香港でコントを披露するだけの仕事と思っていた猿岩石は仰天。だが、番組に従ってヒッチハイクをスタートさせ、行く先々でハプニングが発生したことで、アッという間に「電波少年」の人気コーナーになった。

 笑いあり涙ありのヒッチハイクは半年後の10月19日にロンドンにゴールイン。西武球場で行われた猿岩石の凱旋ライブには3万人が詰めかけ、旅の様子をつづった「猿岩石日記」はミリオンセラーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  6. 6

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  7. 7

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  8. 8

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  9. 9

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  10. 10

    カズ長男が俳優デビュー 三浦獠太が父より憧れたヒーロー

もっと見る