快挙かヤラセかで大騒ぎだった猿岩石騒動

公開日: 更新日:

<1996年11月>

 香港からロンドンまでユーラシア大陸の横断ヒッチハイクを敢行し、一躍人気者になった有吉弘行(当時22)と森脇和成(同22)のお笑いコンビ「猿岩石」。帰国直後の96年11月、ルートの一部で飛行機を使っていたことが発覚、一般紙も報道する騒ぎとなった。快挙か、演出の範囲内か、ヤラセか。放送した日本テレビにも賛否両論が寄せられた。

 4月13日、「進め!電波少年インターナショナル」の生放送に出演中の猿岩石に突然、「ロンドンまで、ヒッチハイクせよ」と指令が下った。香港でコントを披露するだけの仕事と思っていた猿岩石は仰天。だが、番組に従ってヒッチハイクをスタートさせ、行く先々でハプニングが発生したことで、アッという間に「電波少年」の人気コーナーになった。

 笑いあり涙ありのヒッチハイクは半年後の10月19日にロンドンにゴールイン。西武球場で行われた猿岩石の凱旋ライブには3万人が詰めかけ、旅の様子をつづった「猿岩石日記」はミリオンセラーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る