快挙かヤラセかで大騒ぎだった猿岩石騒動

公開日:  更新日:

<1996年11月>

 香港からロンドンまでユーラシア大陸の横断ヒッチハイクを敢行し、一躍人気者になった有吉弘行(当時22)と森脇和成(同22)のお笑いコンビ「猿岩石」。帰国直後の96年11月、ルートの一部で飛行機を使っていたことが発覚、一般紙も報道する騒ぎとなった。快挙か、演出の範囲内か、ヤラセか。放送した日本テレビにも賛否両論が寄せられた。

 4月13日、「進め!電波少年インターナショナル」の生放送に出演中の猿岩石に突然、「ロンドンまで、ヒッチハイクせよ」と指令が下った。香港でコントを披露するだけの仕事と思っていた猿岩石は仰天。だが、番組に従ってヒッチハイクをスタートさせ、行く先々でハプニングが発生したことで、アッという間に「電波少年」の人気コーナーになった。

 笑いあり涙ありのヒッチハイクは半年後の10月19日にロンドンにゴールイン。西武球場で行われた猿岩石の凱旋ライブには3万人が詰めかけ、旅の様子をつづった「猿岩石日記」はミリオンセラーとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る