B型肝炎で芸術活動を一時休止した 石川ひとみ

公開日:  更新日:

<1987年7月>

 81年に「まちぶせ」が大ヒットした石川ひとみ。抜群の歌唱力と愛らしいルックスでNHK人形劇「プリンプリン物語」や「レッツゴーヤング」の司会など、歌手以外にも幅広く活動を行っていた。しかし、ミュージカル初出演の目前、87年7月にB型肝炎を発症し、芸能活動を一時休止するまでに追い込まれた。

 石川(当時27)がひどい目まいに襲われてダウンしたのは7月22日、ミュージカル「はだかの王様」の稽古に取り組んでいる最中。当時、極度の疲労感に襲われ、手足が非常にだるく、何をするのもおっくうで箸を持つのも面倒なくらいだったという。

 そこで医師に診てもらったところ、B型慢性肝炎と診断され、都内の病院に緊急入院した。

 初のミュージカル挑戦に張り切っていた石川は「何としても続けさせて」と訴えたが、医師からは「肝硬変に進む恐れが強い」と宣告され、舞台の降板が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る