B型肝炎で芸術活動を一時休止した 石川ひとみ

公開日: 更新日:

<1987年7月>

 81年に「まちぶせ」が大ヒットした石川ひとみ。抜群の歌唱力と愛らしいルックスでNHK人形劇「プリンプリン物語」や「レッツゴーヤング」の司会など、歌手以外にも幅広く活動を行っていた。しかし、ミュージカル初出演の目前、87年7月にB型肝炎を発症し、芸能活動を一時休止するまでに追い込まれた。

 石川(当時27)がひどい目まいに襲われてダウンしたのは7月22日、ミュージカル「はだかの王様」の稽古に取り組んでいる最中。当時、極度の疲労感に襲われ、手足が非常にだるく、何をするのもおっくうで箸を持つのも面倒なくらいだったという。

 そこで医師に診てもらったところ、B型慢性肝炎と診断され、都内の病院に緊急入院した。

 初のミュージカル挑戦に張り切っていた石川は「何としても続けさせて」と訴えたが、医師からは「肝硬変に進む恐れが強い」と宣告され、舞台の降板が決まった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る