NHKにも安倍カラー? 15年大河は首相地元「松陰の妹」

公開日: 更新日:

 再来年のNHK大河は「吉田松陰の3姉妹」に決定――。先週末、一部スポーツ紙がこう報じた。

 現在放送中の「八重の桜」は幕末から明治初期を描き、そのバトンを引き継ぐ「軍師官兵衛」は戦国もの。幕末、戦国ともに大河ドラマでは十八番の時代設定だが、ひとつ置いてまた幕末である。

「15年の大河はキムタク主演で織田信長を描く『信長燃ゆ』や冲方丁原作の『光圀伝』が有力候補といわれていただけに、また幕末・明治維新期の女性が主人公とは驚きました」(TV誌関係者)

 長州の思想家で明治維新の精神的指導者として知られる吉田松陰。今作でスポットライトが当たるのは吉田家三女で松陰の末妹にあたる人物。キャスティングはすでに井上真央で内定しており、ほかの共演者の人選も着々と進んでいるという。

 これに大喜びなのが安倍首相だろう。地元山口出身の松陰を尊敬し、自身の座右の銘に、松陰の「至誠にして動かざるものは未だこれあらざるなり」という言葉を引用するほど。NHK大河でその松陰を描くというのだから、さぞご満悦のはず――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  9. 9

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る