「お・も・て・な・し」復活も…滝クリが結婚話にナーバスな理由

公開日: 更新日:

 猪瀬都知事の裏金問題でケチがついたが、大賞は下馬評通りだった。年末の風物詩「2013ユーキャン新語・流行語大賞」が昨2日、発表され、滝川クリステル(36)が東京五輪招致のプレゼンテーションで披露し、話題を呼んだ「お・も・て・な・し」が年間大賞のひとつに選ばれた。

 今年で30周年を迎える同賞。選考委員の姜尚中氏が「賞の歴史の中で一番収穫の年だった」と振り返るように、大激戦イヤー。

 ほかにも「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ!」が大賞を受賞した。これまで複数選ばれたことはあったが、4語は史上最多。どれも甲乙つけがたいだけに、ドーンと大盤振る舞いした格好である。

 受賞者は今年の「顔」ばかりで大忙し。「じぇじぇじぇ」の能年玲奈(20)&宮藤官九郎(43)コンビは次の仕事が控えているとかで、大賞の発表を待たずに授賞式を途中退席。「倍返し」の堺雅人(40)にいたってはスケジュールの調整がつかず、欠席だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る