「お・も・て・な・し」復活も…滝クリが結婚話にナーバスな理由

公開日:  更新日:

 猪瀬都知事の裏金問題でケチがついたが、大賞は下馬評通りだった。年末の風物詩「2013ユーキャン新語・流行語大賞」が昨2日、発表され、滝川クリステル(36)が東京五輪招致のプレゼンテーションで披露し、話題を呼んだ「お・も・て・な・し」が年間大賞のひとつに選ばれた。

 今年で30周年を迎える同賞。選考委員の姜尚中氏が「賞の歴史の中で一番収穫の年だった」と振り返るように、大激戦イヤー。

 ほかにも「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ!」が大賞を受賞した。これまで複数選ばれたことはあったが、4語は史上最多。どれも甲乙つけがたいだけに、ドーンと大盤振る舞いした格好である。

 受賞者は今年の「顔」ばかりで大忙し。「じぇじぇじぇ」の能年玲奈(20)&宮藤官九郎(43)コンビは次の仕事が控えているとかで、大賞の発表を待たずに授賞式を途中退席。「倍返し」の堺雅人(40)にいたってはスケジュールの調整がつかず、欠席だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る