「お・も・て・な・し」復活も…滝クリが結婚話にナーバスな理由

公開日:  更新日:

 猪瀬都知事の裏金問題でケチがついたが、大賞は下馬評通りだった。年末の風物詩「2013ユーキャン新語・流行語大賞」が昨2日、発表され、滝川クリステル(36)が東京五輪招致のプレゼンテーションで披露し、話題を呼んだ「お・も・て・な・し」が年間大賞のひとつに選ばれた。

 今年で30周年を迎える同賞。選考委員の姜尚中氏が「賞の歴史の中で一番収穫の年だった」と振り返るように、大激戦イヤー。

 ほかにも「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ!」が大賞を受賞した。これまで複数選ばれたことはあったが、4語は史上最多。どれも甲乙つけがたいだけに、ドーンと大盤振る舞いした格好である。

 受賞者は今年の「顔」ばかりで大忙し。「じぇじぇじぇ」の能年玲奈(20)&宮藤官九郎(43)コンビは次の仕事が控えているとかで、大賞の発表を待たずに授賞式を途中退席。「倍返し」の堺雅人(40)にいたってはスケジュールの調整がつかず、欠席だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る