日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去2作は大コケ 海老蔵「利休にたずねよ」は大丈夫なのか

 三度目の正直――。主演映画「利休にたずねよ」(東映)が先週末の7日、封切られた歌舞伎役者の市川海老蔵(36)。「出口のない海」(06年)、「一命」(11年)に続く主演3作目だが、前評判もむなしく、大コケに終わった2作とは打って変わって、「俳優・市川海老蔵」の代表作になるのではともっぱらだ。

「オープニングの週末2日間の興行収入は8690万円。ヒットの目安となる1億円には届かず、物足りない出だしでしたが、時代劇なので観客はシニア層が多く、休日より平日の方が高い稼働率が見込める。実際、週明けの数日間は期待できる動きを見せています」(興行関係者)

 茶人・千利休の一生を描いた作品。直木賞を受賞した同名小説の映画化だし、今年2月に他界した父・団十郎との最初で最後の親子共演作でもある。日本での公開に先駆け、モントリオール世界映画祭では「最優秀芸術貢献賞」を受賞し、裏千家バックアップのもと、5000万円は下らない本物の茶器が惜しげもなく登場するといった具合に、話題性も十二分。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事