「SPEC」「トリック」完結 ヒットメーカー堤監督の苦渋

公開日:  更新日:

 それにしても映画監督の堤幸彦(58)はよく稼ぐ。
 先日、シリーズ完結編「トリック劇場版 ラストステージ」(来年1月11日から全国公開)のプレミアイベントが都内で開かれ、メガホンを取った堤監督は「最後となると感傷的になる」なんて話していた。が、そんな感傷に浸る暇もないぐらいヒットするはずだ。

「劇場版は今回で4作目で、00年に連続ドラマで始まった長い歴史に幕を閉じます。1作目こそ興行収入は13億円ほどでしたが、2作目は20億円を超え、3作目も約19億円と安定している。ついに完結となれば、間違いなく過去最高を更新すると思いますよ」(映画ライター)

 さらに堤監督には、これも完結編となる「劇場版SPEC~結~」(公開中)もある。
「2部構成の前編『漸ノ篇』は、すでに興収25億円を超えています。配給元の東宝は、後編『爻ノ篇』と合わせて50億円も視野に入ると、イケイケムードですね」(映画業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る