悲願のオスカー手中に? ディカプリオ新作、評論家の評価は

公開日:  更新日:

 28日、映画PRのために来日したレオナルド・ディカプリオ(39)が、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(31日公開)のジャパンプレミアに出席。「7年間、情熱を注いで取り組んだ作品で思い入れがある」と強調した。演じたのは、26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドル(約49億円)を稼いだ伝説の男。欲にまみれた10年間でカネとシャブと女に溺れ、36歳で破滅する。ウォール街で実在した狂気のストーリーだ。

「作品のクオリティーは、スコセッシ監督とタッグを組んで3作目のアカデミー作品賞を受賞した『ディパーテッド』(06年)より高いと評判です。洋画が低迷する中、興行収入30億円をマークした『ゼロ・グラビティー』に次ぐヒットになることも見込まれています」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)

 口八丁手八丁で金持ちをだまし、部下をその気にさせる名スピーチも披露する一方で、シャブでヨダレを垂れ流しヘロヘロになって階段から転げ落ちる。「タイタニック」で絵描き志望の青年を演じた気弱そうなアイドルはいない。鬼気迫る演技は、アカデミー賞の主演男優賞にもノミネートされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る