悲願のオスカー手中に? ディカプリオ新作、評論家の評価は

公開日: 更新日:

 28日、映画PRのために来日したレオナルド・ディカプリオ(39)が、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(31日公開)のジャパンプレミアに出席。「7年間、情熱を注いで取り組んだ作品で思い入れがある」と強調した。演じたのは、26歳で証券会社を設立し、年収4900万ドル(約49億円)を稼いだ伝説の男。欲にまみれた10年間でカネとシャブと女に溺れ、36歳で破滅する。ウォール街で実在した狂気のストーリーだ。

「作品のクオリティーは、スコセッシ監督とタッグを組んで3作目のアカデミー作品賞を受賞した『ディパーテッド』(06年)より高いと評判です。洋画が低迷する中、興行収入30億円をマークした『ゼロ・グラビティー』に次ぐヒットになることも見込まれています」(映画ジャーナリスト・大高宏雄氏)

 口八丁手八丁で金持ちをだまし、部下をその気にさせる名スピーチも披露する一方で、シャブでヨダレを垂れ流しヘロヘロになって階段から転げ落ちる。「タイタニック」で絵描き志望の青年を演じた気弱そうなアイドルはいない。鬼気迫る演技は、アカデミー賞の主演男優賞にもノミネートされた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る