正岡子規の青春を描いた最新作が話題 伊集院静氏に聞く

公開日: 更新日:

 直木賞作家の伊集院静氏が明治の大文学者・正岡子規を描く「ノボさん」(講談社 1600円)が話題を呼んでいる。俳句や短歌、小説、随筆と幅広い創作活動を行いながら、35歳の若さでその生涯を終えた正岡子規には、“悲劇の人”というイメージがつきまとう。しかし本作で著者は、生きる力と希望に満ちあふれた青年の生きざまを、実にさわやかに描き出している。

「私と正岡子規の最初の出会いは幼少期で、俳句の好きな母にいろいろな句を読んで聞かされて育ちました。その中に、『柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺』というのがあって、しかし当時は“柿を食って鐘が鳴っているから何なんだ?”と、さっぱり意味が分からなかった(笑い)。やがて、学校の教科書で正岡子規という人の俳句を学び、載っていた横顔の写真が強烈に頭に焼きついて、気になる存在になったんです」

 物語は、まだ“子規”と名乗る以前の、野球が大好きな21歳の正岡升(のぼる)青年が、大学(東大予備門)で多くの仲間と出会い、語り合い、夢を見つけ、それをなそうと奮闘する青春時代から始まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  2. 2

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  5. 5

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  6. 6

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  7. 7

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  8. 8

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

  9. 9

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る