• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「官兵衛」語り部・藤村志保の“戦線離脱”で視聴率どうなる?

 あいたたた~。NHKから悲鳴が聞こえてきそうである。

 放映開始から1カ月足らず、NHK大河「軍師官兵衛」に予期せぬアクシデントだ。ナレーションを担当する藤村志保(75)が今月3日、背骨を圧迫骨折。医者から絶対安静の診断を受ける大ケガを負い、交代を余儀なくされてしまったのだ。

 すでに2月9日放送予定の第6話までは収録済み。7話目以降、元NHKアナウンサーの広瀬修子(69)が担当するというが、一体、藤村の身に何が起こったのか。
「事故に遭われたという話ではなく、朝起きたら、突然、背中に痛みが走り、起き上がれなかったそうです。そのまま病院へ向かい、診察を受けたと聞いています」(NHK広報部)

 初回から大きな話題を呼んだ藤村のナレーション。画面に姿形を見せない声だけの出演ながら、主役の岡田准一がかすむほどの圧倒的な存在感でドラマをもり立てていた。ネットなど一部では「聞き取りづらい」と不評の声も上がっていたが、前回で第4話の放送を終え、耳慣れてきた視聴者も少なくなかったはず。ともあれ、「官兵衛に藤村志保の声あり」と強烈なインパクトを与えていただけに、抜けた穴は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る