「官兵衛」語り部・藤村志保の“戦線離脱”で視聴率どうなる?

公開日: 更新日:

 あいたたた~。NHKから悲鳴が聞こえてきそうである。

 放映開始から1カ月足らず、NHK大河「軍師官兵衛」に予期せぬアクシデントだ。ナレーションを担当する藤村志保(75)が今月3日、背骨を圧迫骨折。医者から絶対安静の診断を受ける大ケガを負い、交代を余儀なくされてしまったのだ。

 すでに2月9日放送予定の第6話までは収録済み。7話目以降、元NHKアナウンサーの広瀬修子(69)が担当するというが、一体、藤村の身に何が起こったのか。
「事故に遭われたという話ではなく、朝起きたら、突然、背中に痛みが走り、起き上がれなかったそうです。そのまま病院へ向かい、診察を受けたと聞いています」(NHK広報部)

 初回から大きな話題を呼んだ藤村のナレーション。画面に姿形を見せない声だけの出演ながら、主役の岡田准一がかすむほどの圧倒的な存在感でドラマをもり立てていた。ネットなど一部では「聞き取りづらい」と不評の声も上がっていたが、前回で第4話の放送を終え、耳慣れてきた視聴者も少なくなかったはず。ともあれ、「官兵衛に藤村志保の声あり」と強烈なインパクトを与えていただけに、抜けた穴は大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る