大河「軍師官兵衛」浮沈の鍵握る大女優・藤村志保のナレーション

公開日:  更新日:

 岡田准一(33)主演で、豊臣秀吉に天下を取らせた名参謀・黒田官兵衛の生涯を描くNHK大河「軍師官兵衛」がスタートした。

 華やかさとは縁がなく、通好みの歴史上の人物だが、辛口で知られる作家の麻生千晶氏は、「初回だけでは判断できない」と前置きしながらも、「次回以降に期待が持てる内容だった」と、こう評価する。

「敵の領内に入り込んだ我が子(官兵衛)を母親が諭すシーンなど、一話の中でも視聴者の心をつかむような起承転結をつくり、非常に分かりやすかった。一にも二にもドラマは脚本ですが、世に有名な歴史上の人物や戦乱という時代背景に振り回されることなく、きちんと主人公に寄り添う姿勢。この手の主人公を描く際、必要不可欠なのは書き手自身が大局観を備えているかどうか。今作を手がける前川洋一氏はベテランで実力のある方。物語に一本筋が通っていて、久しぶりに安心して見ることのできた大河です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る