目の下のクマがその証し…坂上忍の「毒舌」を担保する裏の顔

公開日:  更新日:

 坂上忍(46)という男はつくづく勝負勘が鋭いし、引きが強い。自著出版のタイミングで「笑っていいとも!」からバトンを引き継ぐ新番組のMCへの抜擢が明らかになり、発売イベント当日(1日)には報道陣が殺到。そこでも期待を裏切らず、月曜日のMCを担当することに加え、「ゴールデンタイム」という新番組のタイトルを暴露。イベントの一部始終とともに、新著のタイトル「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方」(講談社+α新書)が大きくマスコミで報じられたのである。

「すでに発売2週間で3刷という異例の売れ行き。イベント以降の週末、販売部数が倍増した大型書店もあります」(版元関係者)

 いま芸能界で最も旬の“毒舌キャラ”として勢いづく。笑いや救いのある毒を吐く有吉弘行とは違って、容赦ない毒を放ち、再ブレークを果たした。並のタレントでは到底できない芸当ではあるが、坂上には「毒舌」を担保する裏の顔がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る