目の下のクマがその証し…坂上忍の「毒舌」を担保する裏の顔

公開日: 更新日:

 坂上忍(46)という男はつくづく勝負勘が鋭いし、引きが強い。自著出版のタイミングで「笑っていいとも!」からバトンを引き継ぐ新番組のMCへの抜擢が明らかになり、発売イベント当日(1日)には報道陣が殺到。そこでも期待を裏切らず、月曜日のMCを担当することに加え、「ゴールデンタイム」という新番組のタイトルを暴露。イベントの一部始終とともに、新著のタイトル「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方」(講談社+α新書)が大きくマスコミで報じられたのである。

「すでに発売2週間で3刷という異例の売れ行き。イベント以降の週末、販売部数が倍増した大型書店もあります」(版元関係者)

 いま芸能界で最も旬の“毒舌キャラ”として勢いづく。笑いや救いのある毒を吐く有吉弘行とは違って、容赦ない毒を放ち、再ブレークを果たした。並のタレントでは到底できない芸当ではあるが、坂上には「毒舌」を担保する裏の顔がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る