目の下のクマがその証し…坂上忍の「毒舌」を担保する裏の顔

公開日: 更新日:

 坂上忍(46)という男はつくづく勝負勘が鋭いし、引きが強い。自著出版のタイミングで「笑っていいとも!」からバトンを引き継ぐ新番組のMCへの抜擢が明らかになり、発売イベント当日(1日)には報道陣が殺到。そこでも期待を裏切らず、月曜日のMCを担当することに加え、「ゴールデンタイム」という新番組のタイトルを暴露。イベントの一部始終とともに、新著のタイトル「偽悪のすすめ 嫌われることが怖くなくなる生き方」(講談社+α新書)が大きくマスコミで報じられたのである。

「すでに発売2週間で3刷という異例の売れ行き。イベント以降の週末、販売部数が倍増した大型書店もあります」(版元関係者)

 いま芸能界で最も旬の“毒舌キャラ”として勢いづく。笑いや救いのある毒を吐く有吉弘行とは違って、容赦ない毒を放ち、再ブレークを果たした。並のタレントでは到底できない芸当ではあるが、坂上には「毒舌」を担保する裏の顔がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る