メ~テレ出身、ブラジル在住 岡山裕子のグダグダ新人時代

公開日: 更新日:

 TBS系「ニュース23」でおなじみだった岡山裕子さん(34)。2010年に結婚し、現在はご主人の仕事の関係でブラジルに住んでいる。1歳の長男の子育ても一段落したちょうど今年、現地で開かれるのがサッカーのW杯。「これを機会に活動再開を」と腕を撫している。そんなベテランにも涙を流した過去が――。

 新人時代は頑張ってはいたけどダメダメ社員でしたね。もう一人の同期の男性アナウンサーと比べると、明らかに私はあらゆる面で劣ってました。
 まあ、それもそのはずで、彼は大学時代、アナウンス研究会でミッチリ訓練してきた人。対する私は、アナウンスの勉強は直前に少しやった程度で、「なれたら凄い!」という、いわゆる「記念受験」だったのです。

 東京のキー局は受けまくっては落ちまくりました。けっこういいところまで行かせてもらったものの、結局ダメ。たまに面接官が相づちも打ってくれなかったり、「この子大丈夫か?」と表情に出ていたりして、まあ当然だよなあと思いながらの面接でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る