• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「バチスタ4」1ケタ低迷…仲村トオルの演技に「濃すぎ」の声

「ソチ五輪があるとはいえ、予想外に低い数字ですねえ」と、フジテレビ局員はタメ息をつく。

 田口&白鳥コンビの連ドラシリーズ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」の視聴率が、どうも振るわない。今月に入って、ついに1ケタ台に突入してしまった。

 最近よくあるパターンだが、連ドラ終了後には映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」が公開される。ドラマがコケたら、映画もヒットは望めない。

「08年の第1作『チーム・バチスタの栄光』からこれまで、平均13~14%と安定した数字を取ってきた人気シリーズです。長く続ければ飽きられもするでしょうが、さすがに1ケタとは……」(前出のフジテレビ局員)

 確かに、中身はそれほど悪くない。手堅い原作があって、グッチー&白鳥コンビの伊藤淳史と仲村トオルの息も合っている。脇役陣も柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明と、それなりに達者な役者が揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る