「バチスタ4」1ケタ低迷…仲村トオルの演技に「濃すぎ」の声

公開日: 更新日:

「ソチ五輪があるとはいえ、予想外に低い数字ですねえ」と、フジテレビ局員はタメ息をつく。

 田口&白鳥コンビの連ドラシリーズ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」の視聴率が、どうも振るわない。今月に入って、ついに1ケタ台に突入してしまった。

 最近よくあるパターンだが、連ドラ終了後には映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」が公開される。ドラマがコケたら、映画もヒットは望めない。

「08年の第1作『チーム・バチスタの栄光』からこれまで、平均13~14%と安定した数字を取ってきた人気シリーズです。長く続ければ飽きられもするでしょうが、さすがに1ケタとは……」(前出のフジテレビ局員)

 確かに、中身はそれほど悪くない。手堅い原作があって、グッチー&白鳥コンビの伊藤淳史と仲村トオルの息も合っている。脇役陣も柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明と、それなりに達者な役者が揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  5. 5

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  6. 6

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  9. 9

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る