「バチスタ4」1ケタ低迷…仲村トオルの演技に「濃すぎ」の声

公開日:  更新日:

「ソチ五輪があるとはいえ、予想外に低い数字ですねえ」と、フジテレビ局員はタメ息をつく。

 田口&白鳥コンビの連ドラシリーズ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」の視聴率が、どうも振るわない。今月に入って、ついに1ケタ台に突入してしまった。

 最近よくあるパターンだが、連ドラ終了後には映画「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」が公開される。ドラマがコケたら、映画もヒットは望めない。

「08年の第1作『チーム・バチスタの栄光』からこれまで、平均13~14%と安定した数字を取ってきた人気シリーズです。長く続ければ飽きられもするでしょうが、さすがに1ケタとは……」(前出のフジテレビ局員)

 確かに、中身はそれほど悪くない。手堅い原作があって、グッチー&白鳥コンビの伊藤淳史と仲村トオルの息も合っている。脇役陣も柳葉敏郎、水野美紀、栗山千明と、それなりに達者な役者が揃っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る