日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元テレ東アナ亀井京子 キャラ一変で“復活”の理由は「夫」?

 “亀キョン”の愛称で親しまれ、「スポーツ魂」「ワールドビジネスサテライト」などを担当してアイドル的人気だった元テレビ東京の亀井京子アナ(31)。07年に巨人の林昌範投手(現在は横浜DeNAベイスターズ)と結婚して1男1女の母になり、休業状態だったが、ここにきて“再ブレーク”の兆しだ。

 昨年12月3日放送「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)に出演し、夫のために開運祈願にこだわりすぎる日常生活を明かしたところ、「異常すぎる」と話題に。年明け5日には「有吉反省会」(同)で、「開運祈願にハマりすぎたにもかかわらず運に逃げられた」ことを反省したいと登場。番組の最後に寒空の中、白装束で滝に打たれる滝修行姿を披露した。体を張ったプレゼンがTVマンに猛烈にアピールしたようだ。

 2月に入ってからもテレビで引っ張りだこで、17日の「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話」(同)では「股間には第1チャクラがあり、そこからエネルギーを吸収する穴がある」「夫のパンツを全部、赤パンツに替え、それまで夫が愛用していたアルマーニなどブランドものは全部、捨てた」なんて暴露し、大ウケだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事