日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソチ五輪解説も好評 松岡修造が“脱熱血”できた理由

 ソチ五輪中、テレビ朝日メーンキャスター・松岡修造の熱血が、「気候に影響あるのか?」とネット上で話題になっていた。

 松岡が東京からソチに渡ったとたん日本列島(東京も)が寒波に包まれ大雪、かわりにソチは暖冬で雪不足。松岡初の五輪リポート、4年前のバンクーバーも暖冬になった。さらに昨夏は記録的な猛暑だったが、松岡がゴルフの取材で海外に旅立つと暑さが緩んだ!

 偶然とはいえ松岡の熱血解説はすっかり定着している。

 日曜の特番「ソチ五輪“総集編”メダリスト豪華集結!!出し切った!!日本SP」では総合司会。客席にて「うわー!うわー!」と絶叫応援する松岡のVTRから始まった。タイトルどおりに「出し切った!!」のは選手よりおまえだろ! と言いたいが、スタジオでは選手を相手に見事な司会ぶりだ。スキー・ジャンプ選手たちとのトークで、ある選手が「(葛西さんは酒の席で)酒がないとすぐ作ってくれる。ホストみたい」と小笑いを取ると、すかさず「男好きってわけじゃないですよね!」とツッコミで大笑いに変えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事