ライブ参加も…植毛ネタしか出てこない板東英二のトーク力

公開日:  更新日:

「カネもなくなってくるし仕事もないし、今までみたいに植毛できんやろうね」

 舞台で淡々と話すのは、板東英二(74)。17日に神保町花月で開催された「ジャルジャルトークライブ~ジャルジャルくんVol9」にゲスト出演。所得隠し問題による活動自粛から約1年、今年1月に吉本興業に所属し、この日“芸人”として本格的に活動をスタートさせた。

 後藤淳平(30)が「『おは朝』(板東とジャルジャルが共演していた『おはよう朝日です』)の頃から、あからさまに毛質ちゃうなと思ってました」と告白すると、福徳秀介(30)も「(ハゲを隠すために頭皮にかける黒い)粉ふってるなあと思ってた」と板東のハゲに気付いていたことを明かした。植毛について板東が「1本200円のはナイロン、本当の毛は1本250円する。高いし痛いからちょっと植えては(頭皮にかける黒い)粉ふるねん」と話すと、福徳が「お金あるのにケチってますよね」とツッコミ。「だから痛いねん! 植えるとき、頭に麻酔打つんやで。月1回麻酔して、それ9時間くらいかかるんやから」と力説する板東に、後藤は「板東さんならもうハゲててもええやないですか」と諭していた。

 去り際には「これからトリオでやらへん?」と2人を誘い、上機嫌で壇上を後にした板東。漫談家としての本格復帰も近い?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る