元中日・山崎がアンジャッシュ渡部に「スカウト転身」の勧め

公開日:  更新日:

 21日に開催された「2014年度ジョージア魂賞 ファンミーティング」で、予想外の“珍プレー”が起きた。MCがイベントについて説明しようとした瞬間、会場が停電。報道陣とイベントに呼ばれたファンは約20分間、暗闇の中で待ち続けた。

 電源が復旧すると、「アンジャッシュ」渡部建(41)と元中日の山崎武司(45)が登場。「びっくりしましたねえ。何が大変って、エアコンが止まって武司さんの汗が止まらない」と渡部が言うと、隣で汗だくになった山崎が「エアコン全開でお願いします」とタオルで顔を拭いた。

■「松井裕は中3から見てますから」

 イベントが再開すると、阪神ファンにして高校野球マニアで知られる渡部。「高校野球検定初級」を持ち、時間があれば地方予選のみならず強豪校の練習試合も観戦する。写真はグラウンドにいる選手だけでなく、「将来スターになるかもしれない」とスタンドも撮影。未来の逸材を見つけようと、中学校の試合も見に行く筋金入りだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る