日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リリー・フランキーの野望は「ヤラシイ女性下着」のデザイン

「“現ナマ”で100万円もらって動揺してます」

 24日、「第6回 伊丹十三賞」に選ばれたリリー・フランキー(50)が贈呈式に出席。第一声でこう言ったリリーは、副賞の100万円に「この分厚さ、本物が入ってるなと思った。今日、あれを財布に入れて帰るんだと思うと、気分は“カツシン(故・勝新太郎)”。今日の夜、オレに会う人はラッキーですね」と興奮。

 使い道について「女性ものの下着をデザインしたい。15年くらい言ってるんですけど。ヤラシイやつです。マネキンと布を買います」と、“らしい”エロトークも忘れなかった。

 副賞を渡した伊丹十三の妻で「伊丹十三記念館」館長の宮本信子(69)も「『いいとも』ではビックリしましたけど、そういうところがいいなと思いました」とコメント。12年10月放送の「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の「テレフォンショッキング」で、車いすにダッチワイフを乗せて登場し、「彼女」と紹介。まさに“ショッキング”な映像がお昼のお茶の間に流れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事