日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「乃木坂46」市來玲奈 44歳母親は荻原次晴と同級生!?

 27日、「乃木坂46」の市來玲奈(18)が早稲田大学の大隈記念講堂でバラエティー番組「地球アゴラ」(NHK・BS1)の生放送と次週の収録に参加。今年、早大本庄高等学院から早大文学部に推薦入学した市來は、「最初は大学のシステムが理解できなくて、キャンパス内でも迷ってばかりでした。さっきも講堂の階段で転んじゃいました」と話した。

 市來の母親(44)も同じく早大文学部出身だそう。この日、共演したスポーツキャスターで早大人間科学部卒の荻原次晴(44)は、1年留年して卒業したものの、卒業年度が市來の母と同じだった。荻原は「なんと僕、市來さんのお母さんと卒業式が同じだったんですよ。もし、あの時お母さんと恋に落ちていたら、今ごろ僕は『乃木坂46』の父親になっているかもしれなかった」とうれしそうに妄想。

 これには司会のLiLiCo(43)から「そしたら絶対別の感じの子が生まれてきたわよ」とツッコまれ、「そうですね。スキーやっていたことは間違いないですね」と市來を笑わせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事