50キロ「歩行祭」主催 バイきんぐ小峠英二の“歩きの流儀”

公開日: 更新日:

 7、8年くらい前からでしょうか。恩田陸さんの小説「夜のピクニック」で描かれる「夜行祭」に感銘を受け、「SMA歩行祭」を主催しています。SMAとは所属事務所の頭文字、深い意味はありません。10人くらいの仲間で、多い時には20人で列をなし夜に出発してただひたすら歩くだけ。

 これまで5回ほど実施し、50キロを16時間30分かけて歩いたこともありました。そこで繰り広げられる会話だとか、苦しい経験を通して芽生える友情や絆みたいなものを小説のように感じたかったんです。

 でも、そりゃもうシンドイ。そのひと言です。足なんてバッキバキ。東京タワーが終着地点の回は、緩やかな勾配の上にあるトイレにたどり着けなくて、「もうええわ……」と諦めたぐらい。実はいまだに本来の目的は達成できずにいるんですが、何でしょうね、とことん疲労感を味わうのも悪いもんではない。トライする方は、ぜひ小説をご一読ください。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る