再婚が話題のいしだ壱成に必要な「脱・家族ネタ」の覚悟

公開日:  更新日:

 カエルの子は、やっぱりカエルなのか。タレントの石田純一(60)の息子、いしだ壱成(39)が11歳年下の一般女性と再婚したことを先日、公式サイトで発表。父親と一緒で、もう私生活を話題にするしかない。

「悲しくて見ていられないですよ。TBSのドラマ『未成年』とか『聖者の行進』など、90年代の“野島伸司シリーズ”に主演していた頃の壱成は本当に天才かと思いましたけどね。ナイーブな青年を演じさせたら、右に出る者はいなかった。トレンディー俳優の父親とは才能が違った」(在京キー局スタッフ)

「未成年」で主役の壱成の兄役を演じた谷原章介(42)は、壱成の元妻と再婚し、今じゃ俳優に司会にと大活躍だ。壱成はすっかり“主役”の座を奪われている。

■テレビの脚光に色気を見せるようでは…

「やはり01年の“大麻事件”が痛かった。その後2年間謹慎しましたが、一度そういう“色”がつくと、テレビではなかなか使ってもらえなくなる。スポンサーが絡んできますから。最近は映画もそう。やはり舞台で地道にやっていくしかありません。2年ぐらい前からバラエティー番組にもちょこちょこ出ていますが、テレビのスポットライトをもう一度浴びたいなんて色気を持っているうちは、期待薄」(芸能ライター)

 最近の壱成は、父親や義母の東尾理子(38)、異母妹のすみれ(24)と家族ネタで盛り上がってばかりいる。石田ファミリーには頼らないぐらいの覚悟がなければ、カエルで終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る