再婚が話題のいしだ壱成に必要な「脱・家族ネタ」の覚悟

公開日: 更新日:

 カエルの子は、やっぱりカエルなのか。タレントの石田純一(60)の息子、いしだ壱成(39)が11歳年下の一般女性と再婚したことを先日、公式サイトで発表。父親と一緒で、もう私生活を話題にするしかない。

「悲しくて見ていられないですよ。TBSのドラマ『未成年』とか『聖者の行進』など、90年代の“野島伸司シリーズ”に主演していた頃の壱成は本当に天才かと思いましたけどね。ナイーブな青年を演じさせたら、右に出る者はいなかった。トレンディー俳優の父親とは才能が違った」(在京キー局スタッフ)

「未成年」で主役の壱成の兄役を演じた谷原章介(42)は、壱成の元妻と再婚し、今じゃ俳優に司会にと大活躍だ。壱成はすっかり“主役”の座を奪われている。

■テレビの脚光に色気を見せるようでは…

「やはり01年の“大麻事件”が痛かった。その後2年間謹慎しましたが、一度そういう“色”がつくと、テレビではなかなか使ってもらえなくなる。スポンサーが絡んできますから。最近は映画もそう。やはり舞台で地道にやっていくしかありません。2年ぐらい前からバラエティー番組にもちょこちょこ出ていますが、テレビのスポットライトをもう一度浴びたいなんて色気を持っているうちは、期待薄」(芸能ライター)

 最近の壱成は、父親や義母の東尾理子(38)、異母妹のすみれ(24)と家族ネタで盛り上がってばかりいる。石田ファミリーには頼らないぐらいの覚悟がなければ、カエルで終わる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

もっと見る